TOHUN SERVICE RECRUITING SITE

[ 業界用語 ]

一般貨物

トラック輸送における一般貨物とは、特別な扱いや積付けを必要としない貨物を、一般貨物自動車運送事業および特定貨物自動車運送事業により輸送された貨物のこと。

ABC分析

過剰在庫の防止・削減を目的とした数値分析方法のひとつ。在庫品を品目別に価格と販売量によってABCの3グループに分類し、在庫品目別に最適な管理方法を検討する際の分類手法。縦軸に管理特性値(在庫量、在庫金額、出庫量など)の累計比率、横軸に品目の比率をプロットし、これを結んだものがABC曲線(パレート曲線)と呼ばれる。

MH

man-hour(マンアワー)の略。生産性を表す用語で、1人1時間当たりの仕事量のこと。

幹線輸送

輸送は、幹線輸送と端末輸送の2つに分類することができる。幹線輸送は、ある輸送拠点にそのエリアの荷物を大量に集め、その拠点から別の拠点に大量輸送機関を利用して運ぶこと。一回に運ぶ輸送量を増やすことでコスト削減が図れる。これに対して端末輸送は、幹線輸送の両端末で小口の集荷、配送を行う。

共同配送

共同配送とは、個別に配送を行ってきた複数の企業が、荷物を混載・積み合わせして送る配送方法のこと。積載効率が高くなるため、物流コストの低減につながる。

3PL

Third Party Logisticsの略。荷主が第三者である物流業者に対し、顧客サービスの向上、物流関連コストの削減、市場競争力の確保などを目標として、契約に基づき物流業務をアウトソーシングすることを指す。3PLでは外部委託範囲が単に作業のみでなく、受発注や管理業務など広範囲な物流業務である点が、従来のアウトソーシングと大きく異なり、荷主に対して物流改革を提案し、包括的に物流サービスを受託する業者を3PL事業者またはサードパーティーという。受託業務の範囲は荷主企業の戦略によって変わり、物流オペレーション、物流システムの企画立案、さらに製造・販売機能までも含まれる。

SCM

Supply Chain Managementの略。供給業者から最終消費者までの物流システムを統合的に見直し、プロセス全体の効率化と最適化を実現するための経営管理手法で、市場の需要動向に合わせた商品の供給システムのこと。開発、調達、製造、発送、販売といった各プロセスでの在庫量や滞留時間などを削減し、顧客には最短かつタイムリーに製品を供給する。また、全体としてはリードタイムの縮小、在庫の縮小、設備の稼働率向上などによるコスト削減、経営の効率化を目指す。

ジャストインタイム

指定された商品・数量を、要求された場所・時刻に納品すること。発注から製造、出荷、配送、荷受作業に至るまで、高度な物流システムを構築し一貫したスケジュール管理を行う必要がある。

充填

内容物を容器に詰めること。飲料業界では、ペットボトルなどの容器に中身を詰めることをいう。

シュリンク包装

荷物を専用のビニールフィルムで覆い、加熱収縮させて荷物を強く固定保持する包装方法をシュリンク包装という。

循環物流

消費のための物の供給を動脈物流と呼ぶ。一方、最終消費者まで行きわたった製品、商品をリユース、リサイクルする目的で集荷し、再資源化拠点まで運搬することを静脈物流(回収物流)という。この物流の一連の流れを循環物流という。

商流

商的流通のことで、商品が供給者から消費者に流通する過程において、所有権や費用、情報などの流れを指す。

WMS

Warehouse Management Systemの略。WMS(物流倉庫管理システム)とは、物流センターにおける一連の業務を効率化するための総合管理システムのこと。物流倉庫の入出庫管理や在庫管理、労務管理、作業工程管理から、入荷、検品、ピッキング、梱包、出荷の各作業に必要な情報を管理することも可能。また、ハンディーターミナルの導入により、作業の効率や在庫管理を迅速に行うことができる。

調達物流

物流システムを分類するには物の流れの川上から川下への機能をみて、調達物流、生産物流、販売物流、廃棄・回収物流に分けられる。調達物流とは、生産現場(工場)を中心として捉え、加工・生産に必要な原材料や部品を協力会社やサプライヤーから運び込むための物流活動のことをいう。

TC

Transfer Centerの略。TCとは、配送効率を高めるための通過型センターのこと。主に調達輸送先から多数の出荷先へ荷物を迅速に振り分け、配送するために設置された倉庫のことをいう。

DC

Distribution Centerの略。DCとは、在庫保管型センターのこと。大量・多品種に仕入れられた商品を一旦保管し、必要に応じて少量多頻度に出荷できるようにシステム化された倉庫のことを指す。

トンキロ

貨物の輸送量を表す単位のことで、輸送する貨物の重量(t:トン)に輸送距離(km:キロメートル)を乗じた数。

荷主

荷主とは、荷物の所有者、または、業務を委託した事業者のこと。年間3000万トンキロを超える貨物輸送量を委託している荷主企業は「特定荷主」に指定され、5年間で5%のエネルギー効率改善を求められる。

VMI

Vendor Managed Inventoryの略。ベンダー主導型在庫管理。供給する側(主にメーカー・サプライヤーなど)と供給される側(物流・加工・小売担当業者など)の間において、供給する側が供給される側の需要予測情報や在庫状況をリアルタイムに把握できる状況下で、適正な在庫量を算出し在庫を送り込む在庫管理手法のこと。供給される側は出荷データ、在庫データを供給する側に対して提供するが、発注することはしない。

物流

物流とは生産者から消費者に至るまでのモノの流れのこと。
両者の間には、包装・輸送・保管・流通加工・荷役・情報管理などのさまざまな活動を伴っており、こうした一連の作業を包括して物流と呼ぶ。

ベンダー

販売元、製造供給元、納入業者のこと。消費者から見れば小売店、小売店から見れば卸、卸から見れば仕入先・メーカーという構図になる。

モーダルシフト

トラック偏重の輸送から、鉄道や船、航空機などに輸送方式を転換することをモーダルシフトという。

輸送

モノを生産地から市場に運んだり、工場からスーパーやデパートに運ぶことをいう。また、モノを生産するために工場で使われる原材料の運搬や、人々が宅配便で荷物を送ることも輸送のひとつである。

リードタイム

企画から発注、生産、商品の到着までに費やされた時間・日数のこと。算出時間は業種によって異なり、物流の場合は出荷から商品の到着を、メーカーの場合は発注から製造までをリードタイムとして捉える。

ロジスティクス

ロジスティクスは、もともと軍事用語の「兵站(へいたん)」から派生した単語。ロジスティクスは、物流と同義語的に扱われることも多いが、本来は、調達から販売、消耗部品の供給という物流的な側面のほかに、設備のメンテナンスや製品のライフサイクルといった課題も対象とする広範な領域を業務対象としている。

ロット

元々は一山や一組という意味を持ち、製品を生産、荷役、輸送、保管する際にグループ分けされた製品単位や貨物の処理単位を指す。また、一回で製造できる量自体や卸売りの最小販売数を意味することもある。

pagetop

トーウンサービスwikipedia

  • 業界用語
  • 運輸用語
  • 倉庫用語
  • 情報用語
  • 環境用語
  • 物流機器用語
  • 一般用語
  • あ・か・さ
  • た・な・は
  • ま・や・ら・わ

募集要項

エントリー

総務部長メッセージ

マイナビ2016OFFICIAL HOME