TOHUN SERVICE RECRUITING SITE

人物イメージ

営業

鳴澤 龍一郎

西日本事業部 関西営業部 リーダー

2002年入社

経済学部経済学科卒

物流の仕事を基礎から学べる環境に魅かれた。
現場経験を積んで、西日本で活躍する営業へ

私が当社へ入社したのは、現場の仕事からスタートして着実に物流のプロを育てていくという人財育成の考え方に魅かれたからです。入社後は、群馬県の明和配車センターに配属され、お客様の窓口業務や配車センターの管理業務、配車業務などを経験し、入社から8年目に営業として西日本事業部へ異動となりました。

現在は、滋賀、大阪、兵庫から、中国地方の岡山、広島まで営業活動を展開しています。具体的には、お客様を訪問して新たなニーズを伺うとともに、既存の物流の効率化などを提案します。当社は食品や飲料輸送にさまざまなノウハウを持っているので、こうした強みを活かすように心がけています。

多岐にわたるお客様の期待に応えて
営業として実績を出したときにやりがいを実感

普段の仕事のなかで、ルーティンの荷動きを管理していくのはそれほど難しいことではありません。最も大変なのは、お客様からイレギュラーな要望があったときいかに応えていくかということです。お客様の要望は配送時間、ルート、コストなどいろいろですが、社内外の関係者と交渉して何とか期待に応えられたときには大きな達成感があります。特に、私個人を信頼して相談していただき、満足いただけたときの喜びは格別です。

また、営業としてのやりがいを感じるのは、さまざまな努力を積み重ねた結果が実績として出ることですね。当社では、営業部門が自分で予算を立てて目標達成に取り組んでいますが、常に自分の想定したレベル以上のところにチャレンジするという気持ちがないとなかなか目標はクリアできません。簡単なことではありませんが、自分なりに考えた戦略でお客様にアプローチして結果を出していく。これが営業の醍醐味だと思います。

既存のお客様を大切にすることに加え
自分でお客様を見つけることにもチャレンジしたい

私が現在担当しているのは、先輩たちから引き継いだお客様です。もちろん既存のお客様をフォローして、取引を拡大していくのは大切な役割ですが、営業という仕事をする以上、いつかは自らの力で新規のお客様を開拓したいという気持ちがあります。そのためには、日頃の活動のなかでアンテナを張り巡らせて情報を収集し、競合他社を切り崩していけるだけの営業力や提案力を身につけることが大切だと思っています。

CAREER

  • 2002年4月
    入社
  • 2002年10月
    関東事業部 NCP輸送 配属
  • 2006年7月
    関東第一事業部 NCP明和輸送 サブリーダーに昇進
  • 2009年7月
    西日本事業部 西日本営業グループ リーダーに昇進

image01

image02

Relationship

人物イメージ

パンフレットやHPの更新作業を通して
営業の役割の大切さを再認識しました。

営業支援ツールにもなるパンフレットやホームページの更新で、営業部門から要望点をヒアリングしたとき、改めて実感したのが物流をデザインする事業展開における営業部門の役割の大きさです。私も社員の皆さんが働きやすい職場づくりを進めていく総務部の業務を通して、鳴澤さんをできる限りバックアップしたいと思っています。

総務部 総務グループ リーダー

野口 晶子

業種・社員紹介

  • VOICE-1
  • VOICE-2
  • VOICE-3
  • VOICE-4
  • VOICE-5
  • VOICE-6
  • VOICE-7
  • VOICE-8

募集要項

エントリー

総務部長メッセージ

マイナビ2019OFFICIAL HOME