TOHUN SERVICE RECRUITING SITE

人物イメージ

総務

野口 晶子

総務部 総務グループ リーダー

2000年入社

人文学部日本文化学科卒業

温かみを感じたアットホームな社風や
女性が長く活躍できる職場環境が大きな魅力

私が就職活動をしていた時期は、就職氷河期と言われる時代で、非常に厳しいものがありました。しかも、私の場合は人見知りの性格もあって、面接で十分な自己PRができませんでした。ところが、当社の面接では、気軽に話せる雰囲気があり、素の自分を出すことができたのです。また、女性が長く活躍できる職場環境が整っていたことも魅力でした。

こうして入社した私は、労務の仕事からスタート。入社や退社、結婚、出産などにおける各種の手続きを担当する業務で、社員の皆さんから多種多様な問い合わせをもらいました。最初は、わからないことばかりでしたが、周囲の温かいサポートのおかげで着実にスキルを習得。社内で役に立つ喜びを味わえるようになっていきました。

自らスキルアップすることが社員の皆さんの
働きやすい環境づくりにつながっていく

総務部が組織的にグループ化された2005年からは、総務グループの一員として株主総会や月例の役員会における準備・運営、社内規程の見直しや告知、社内行事、慶弔業務、さらには社長秘書を担当しています。なかでも、社長秘書の業務については、それまで秘書の勉強などまったくしたことがなかったので、上司に相談して秘書業務に関する外部講習に参加し、秘書検定にもチャレンジしました。本人のやる気次第で、スキルアップのチャンスをもらえるのも、当社のいいところだと思います。

また、印象に残っているのが、2008年に新卒入社の社員間の親睦を深めるための旅行を、企画から実施まで行ったことです。当社でも初めての試みだったので、ゼロから自分で考えて進めていきました。大変でしたが、多くの方に助けられながら無事に旅行を実施し、新卒の社員の皆さんが楽しそうに話している様子を見ることができたのは、うれしかったですね。

社員の皆さんから「あなたがいて良かった」と
言っていただける存在を目指していきたい

女性の場合、結婚や出産など人生の決断と制限が多いことも事実です。でも、そのようななかで自分に与えられた役割を認識し責任を果たすことが大切であり、しなやかな対応ができるのは女性ならではの強みだと思っています。私も2009年からリーダーという責任あるポジションを任され、プレッシャーもありますが、周囲の方に支えられて今日があります。この期待に応えるためにも、「あなたがいて良かった」と言っていただける存在になりたいと思っています。

CAREER

  • 2000年4月
    入社
  • 2000年4月
    総務部 配属
  • 2006年7月
    総務部 総務グループ サブリーダーに昇進
  • 2009年7月
    総務部 総務グループ リーダーに昇進

image01

image02

Relationship

人物イメージ

社員が働きやすいように丁寧に支えている。
総務部にとっては欠かせない、まさに"人財"です。

野口さんとは、私が総務部に異動になった2007年からの付き合いです。全社員が効率的に働けるようにバックアップしていることはもちろん、会社のビッグイベントである株主総会の運営準備や、社内報の企画から取材、原稿作成まで担当するなど幅広く活躍してくれています。相手の満足を第一に考えた仕事ぶりは、総務部にとっては欠かせない、まさに"人財"です。

総務部 人財開発グループ リーダー

大平 啓幸

業種・社員紹介

  • VOICE-1
  • VOICE-2
  • VOICE-3
  • VOICE-4
  • VOICE-5
  • VOICE-6
  • VOICE-7
  • VOICE-8

募集要項

エントリー

総務部長メッセージ

マイナビ2016OFFICIAL HOME